カードローンの在籍確認について

カードローンでは審査の際に、返済能力の有無を確かめるためにその方の勤務先に在籍確認が行われます。在籍確認はほとんどの消費者金融や銀行のカードローンで行われています。手続きの際に、嘘の会社を伝えてしまうと審査に通らない可能性が高くなるため、注意しましょう。中には、在籍確認のために偽装会社を使おうとする方がいますが違法となるので、そのような行為をすることはやめましょう。在籍確認が行われるタイミングとしては、申し込みの後に行われてその後に本人確認の書類を提出し、契約となります。勤めている会社にかける電話の内容としては、消費者金融の場合は担当者の個人名を名乗ってから、その方が在籍しているかどうかを確認します。消費者金融の場合は名前を一切名乗らないため、会社に知られるのが心配という方は安心して良いでしょう。銀行の場合は要望がない限り銀行名を名乗るため、お金を借りたことを知られる可能性があるため、会社にバレたくないという方に関しては、お申込みをする際に担当者に伝えておきましょう。

個人名だとしても、電話を取った方によっては推測される可能性もあります。在籍確認をする際には、企業の個人名を名乗りますが、確実にバレないという保証はないため、電話で在籍を確認する以外の方法を選択することもできます。会社に在籍していることが確認できれば良いので、勤めている会社の給与明細、社員証、社会保険証などをコピーして提出することで電話をかけることなく在籍確認を済ませることができます。無人契約機でそれらの書類をスキャンして送ることも可能ですが、インターネットでのお申込みの際には、スマートフォンで撮影した画像を送るだけで手続きを済ませることができます。画像を送る方法以外にも、郵送で送るという方法もあるので、自分に合った方法を選択するようにしましょう。詳しく知りたい方に関しては、お申込みをした後に電話が掛かってくるので、その時に確認してみるのも良いでしょう。