カードローンは借り換えが出来る

カードローンを扱っている金融機関は一つではなく、複数の所で利用する事が出来るようになっています。その場合、設定される金利は各金融機関によって違い、全ての所が同じだけの利息を払わなければいけないわけではありません。同じ額を借りたとしても、利率が低い所で借りれば、それだけ返済総額を少なくしたり、月々の返済額を抑える事も十分可能です。そこで行われているのが借り換えです。今利用している金融機関のカードローンから、別の金融機関に換える事を言います。今の借金を完済してから別の所を利用する事になるので、借金の額が増えてしまったりするわけでは有りません。借り換えの大きなメリットは、返済総額を抑える事が出来ると言う事です。借入額が少ない場合はそれ程金利の影響を受けない場合も有りますが、多額の借入をすると、どうしても完済までに時間がかかってしまいます。その場合、たった1%程度の金利の差であったとしても、返済総額には何万円もの差が出てしまう可能性も出てくるのです。

したがって、出来るだけお得にカードローンを利用したい場合は、他の金融機関に借り換えをする方法が最も良い方法だと言えます。ただ、実際に借り換えをして、月々の返済額を減らす場合は少し注意が必要です。確かに金利が低くなれば毎月の返済額を減らしたとしてもそれ程問題はなさそうに見えますが、カードローン自体は借入期間が長くなればなるほど返済総額が増えて行ってしまう仕組みです。金利が低いからと言って毎月の返済額を減らしてしまうと、今までよりも完済までの期間が長くなってしまう可能性も出て来ます。したがって、実際にカードローンの借り換えを利用する場合は、ただ単に金利の差だけを見て金融機関を選ぶのではなく、それによって返済総額がどれだけ変わってくるのか、どういうペースで返済するとお得なのかと言うのを返済シミュレーションを利用して予め理解した上で借り換えの申込をするようにします。