増加している銀行カードローンについて

かつてはキャッシングによってお金を借りる場合、消費者金融業者と契約するという人が殆どでした。しかし、消費者金融業者からの借り入れが総量規制の対象となって以降は、銀行のカードローンを契約する人が増加しています。そもそも銀行のカードローンは総量規制の対象となっていません。これまで、年収の無い主婦でも消費者金融とキャッシング契約を行うことが可能でしたが、消費者金融が総量規制の対象となって以降は、年収の人が消費者金融と契約することは困難になってしまったのです。このような消費者金融業者と契約が難しい人の多くが銀行のカードローンに流れて行ったと言えます。また、消費者金融と比較して年利が低いことも特徴です。銀行カードローンの年利は数パーセントから15パーセントの間で設定されており、他のローン契約(住宅ローンなど)を結んでいる場合にはさらに金利の軽減措置を受けられるサービスが用意されています。そのため、金利の高い消費者金融の借金を借り換えるために契約する人も少なくありません。

近年では大手銀行やインターネットバンクはもちろんのこと、地方銀行に至るまで様々なカードローン商品が存在しています。このように、非常に人気のある銀行カードローンですが、契約時には当然審査が行われます。実は銀行カードローンを契約する際には保証会社の承認が必要となっているのですが、この保証会社には消費者金融業者であるケースが殆どなのです。つまり、審査は消費者金融業者と同じ内容のものを受けることになるのです。当然消費者金融業者の審査と同様に身分証明書の提示と勤務先への確認は行われます。そして、総量規制の対象外ということで一応所得証明の提出は行わなくてもよいことになっているのですが、借入希望額によっては所得証明の提出を求められることがあります。しかし、少額の借り入れの際には特に提出を求められることは無く、そのため専業主婦でも夫に安定した収入さえあればカードローンの契約が可能となっているのです。(おすすめ銀行カードローン