カードローンとはどんなものなのか

カードローンとは、無担保で銀行や消費者金融からお金を借りるためのものです。返済方法は分割払いになっています。お金を借りるときにカードを作らなくてはいけないので、カードローンと呼ばれているのです。カードローンと混同されやすいものにキャッシングがあります。こちらも最初にカードを作らなくては融資を受けることができない点は共通していますが、こちらの方は一括払いになっているという点が大きく異なっていますね。

カードローンを利用できる金融機関はいろいろです。テレビCMでもよく見かける大手消費者金融や、各地の銀行のほか、信用金庫でも借りることが可能となっています。それぞれの金融機関で支払方法や、借りたお金に発生する金利などが異なるので、お金を借りる場合はいくつかの金融機関を比べてから決めたほうがいいかもしれません。基本的に銀行の方が低金利で返済が楽なうえ、年収の三分の一以上の融資を受けることも可能ですが、その分審査が消費者金融よりも厳しめになっています。

銀行や信用金庫、消費者金融のいずれかでカードローンを申し込む場合でも、必ず通らなければいけないのが審査です。審査に通らなければ融資を受けることができません。返済することができる収入があるかなど、信頼性を調査します。消費者金融の場合は、そのカードローンの利用限度額も、信頼性調査の段階で決定されます。利用限度額は基本的に年収の三分の一となっています。ちなみに、消費者金融の方が審査基準がゆるやかなので、主婦や学生でもアルバイトやパート、派遣で一定の収入があればお金を借りることが可能です。借入限度額があるカードローンですが、その限度額の範囲内なら何回でもお金を借りることができるという特徴があります。返済方法も複数用意されているので、自分が必要な分だけを借りて、支払いができるときにまとめて返済するなど、比較的柔軟に利用することができるようになっています。