カードローンの審査で行われる在籍確認

近頃、消費者金融や銀行が提供するカードローンのサービスは、かなり身近になってきていて、簡単にお金が借入れることができるといったイメージが定着しつつありますが、時代が移りかわっても、お金を借りたら返す必要があることや、消費者金融や、銀行が返済できる人かどうかということをしっかり見極める必要があるということは変わっていません。そのため、カードローンの申し込みをしたときには、審査が行われて、その中で在籍確認というものも行われることになります。在籍確認とは、カードローンに申し込んだ人が、申請した勤務先に本当に在籍しているかどうかを確認するというものです。具体的な方法としては、消費者金融や銀行の審査担当のスタッフが、勤務先に直接電話で連絡を入れて、申し込んだ人がその勤務先に在籍しているかどうかを確認するというものです。消費者金融の社名が、第三者が聞くとカードローンに申し込もうとしていることが、すぐに分かるような社名の場合は、消費者金融の社名を名乗らずに、審査担当のスタッフの名字だけを名乗るといった配慮をしてくれるので、カードローンを申し込む手続きをしていることが、在籍確認の電話が入っただけで、勤務先の同僚にばれてしまう可能性はほとんどありません。

カードローンのサービスに申し込むときに一番やってはいけないことは、実際に勤めていない虚偽の勤務先で申請するということです。虚偽の勤務先を申請したことは在籍確認でばれてしまい、カードローンの審査に落ちてしまいます。審査に落ちると、申し込んだ消費者金融や銀行が提供するカードローンを利用してお金を借入れることができなくなるだけでなく、審査に落ちたという事実が、個人情報を管理する機関のデータベースに残ってしまい、このデータベースは多くの金融機関で共有されるので、どの金融機関でも、しばらくの間、お金を借入れることができなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。