短期大学の学費にあてる為のローンキャッシング

当時短期大学生だった私は学費が足りずインターネット検索で出てきたとある学生ローンを利用しました。 まだ19歳だったのですが親の承諾が必要無く、代わりに執筆のみで代理人を記入するだけで他には自宅への電話も無く、職場の連絡のみでした。

ですがまだ未成年の為借りれる額は10万円まででした。 20歳から収入に応じて借りれる額が変わるそうですが、当時どうしてもすぐにもう10万円必要だった私は他の学生ローンにも当たりますが消費者金融情報で既に借り入れがある未成年として登録されていた為他の会社からは借りる事は不可能でした。

それから20歳を過ぎた頃に現在の長男が生まれアルバイトを辞めた私は無収入で、夫の収入のみの生活でしたのですが、またどうしてもお金が必要!となってしまい夫に定期的な収入があれば借りれるという金融機関にキャッシングを求めましたが既に借り入れがあった私は借りる事が出来ませんでした。 それから息子が1歳を過ぎた頃に夜勤アルバイトを始め少ない額ですが定期的な収入を得た私ですが、年収となると低すぎ、決まりとして年収の3分の1までの貸し出し条件があり、既に借り入れがある私は1万円も借りれず終わってしまいました

経験から言わせてもらいますとやはりキャッシングには借り入れがまだ0だという事にアルバイトでも定期的な収入があるという事が何より大事だという事がわかりました。 やはり返済能力が感じられないような人には消費者金融会社は貸したくはないでしょうし、定期的な収入があっても高額な借り入れがある人も同じだと思います。 そして何よりキャッシングを申し込む際には少ない金額から申し込むと通りやすいです。 1度少ない金額のキャッシングを申し込むと最初の審査は通るのですが私の場合は結局最終審査でダメというパターンしかありませんでした。
お金を借りる際にはしっかり返済して定期的な収入を得てから利用する事をオススメします